こんなのあるの?乗り物に関する資格一覧

乗り物を運転する際には、いろいろと免許が必要となる場合が多いですが、普通自動車第一種運転免許は、最も多くの人が取得している運転免許証でしょう。

普通自動車第一種運転免許

乗り物を運転する際には、いろいろと免許が必要となる場合が多いですが、普通自動車第一種運転免許は、最も多くの人が取得している運転免許証でしょう。マニュアル(MT)車、オートマ(AT)車限定の2種類があります。
2007年に道路交通法が改正されて、中型自動車という新しい区分が新設されたことに伴って、普通自動車の区分も変更がありました。車両総重量は5,000kg未満、最大積載量は3,000kg未満、乗車定員は10人以下と定められました。
ですが、改正前に普通自動車免許を取得した人は、”中型車8t限定(AT中型車限定)”という条件付きの中型免許を所持しているとみなされるので、改正後も改正前と同じ、車両総重量8t未満、最大積載量5t未満、乗車定員10人以下という範囲で、自動車を運転することが可能です。
なお、改正前に普通自動車免許を取得した人が運転免許証の更新をする場合は、運転免許証の免許種類は、普通から中型に変更となりますが、免許証の条件欄に、”中型車は中型車(8t)に限る”という条件が記載されることになります。

Copyright (C)2014こんなのあるの?乗り物に関する資格一覧.All rights reserved.